トップページ >  薄毛・抜け毛Q&A >  ストレスが原因の抜け毛の対処法は?

ストレスが原因の抜け毛の対処法は?

ストレスが髪の毛に及ぼす影響は大きいです。


抜け毛としてあらわれるかそれとも白髪としてあらわれるかはわかりませんが、ストレスが多くなると、自律神経が緊張し、細胞の修復や再生が滞りますし、毛細血管の収縮が引き起こされて血行が悪くなるため、毛乳頭へ十分な栄養素が送られなくなってしまうからです。


ひどい場合は、円形脱毛症というかたちでごそっと一気に脱毛することもあります。


よくこうしたストレスが原因で引き起こされた脱毛に対して、育毛剤で対処しようとする人がいるんですが、ストレスさえ解消できれば自然に治癒するものですから余計なことはしないほうがいいです。


ストレスをうまく解消するか、ストレスの原因を排除するほか解決策はありません。


現代人はストレスまみれといっても髪が抜けるほどのストレスとなると考えられる理由としては、


注目 仕事上のストレス
注目 人間関係のストレス
注目 極端なダイエットなど肉体にかかるストレス
注目 身近な人の病気な死
注目 薄毛、抜け毛を悩むというストレス


ぐらいだと思います。思い当たるものがひとつではなく、複数ある人もいると思いますが、今すぐできる解決策としては睡眠をしっかりとることと、運動ぐらいしかありません。


ストレスは大脳で起こっているものなので、運動することで小脳や中脳を活性化することで自然と大脳の緊張がほぐれます。そのため運動すると、ストレスが解消されるのです。また、運動することで疲労感も得られれば質のよい睡眠につながるので一石二鳥です。


眠ることは酷使した心と体を休めることになりますし、細胞を修復したり、再生させるのに必要なのでストレスが原因の抜け毛に悩んでいる人にとっては睡眠は非常に重要です。


それから薄毛や抜け毛を悩むことによるストレスにも触れておこうと思います。


よく、「シャンプーした後の抜け毛が増えた気がする...。」「枕に落ちている髪が多い」と悩む人がいるんですが、抜け毛で重要なのは本数ではなく抜け毛の状態です。


髪はそもそも、毛周期の関係で自然に抜けるものですから、本数でいえば1日80~120本程度ぐらいは抜けて当然です。それぐらいなら正常の範囲内なので抜け毛にいちいち反応する必要はありません。


しかし、抜け毛に軟毛(細い、弱々しい、短い)が混ざっている場合はヤバイです。成長しきらずに髪の毛が抜けてしまうのは明らかに薄毛・ハゲが進行している証拠です。黄信号が灯ったと自覚して早急に対処するようにしてください。

育毛剤は、薄毛のタイプ&進行度で選べば失敗しない!

生え際(M字ハゲ)の後退を防ぐ

生え際が後退しつつあるなと感じたら、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が原因のひとつです。

頭頂部の薄毛を防ぐ

頭頂部の薄毛は治療しやすいので将来は明るいです。早めに対策できればそれだけふさふさに戻れるはずです。


細い髪を太くする

髪が細くてボリュームがない、薄くみえるなんてことはありませんか?頭皮の血流や栄養が不足しているのかも?

抜け毛の状態から育毛剤を選ぶ

抜け毛が弱々しく、細い短い毛が多くあるようなら、それは要注意!薄毛の進行度にあわせた育毛が必要です。