トップページ > 海外の育毛剤のほうが凄そうだけど? > 海外の育毛剤のほうが凄そうだけど?

海外の育毛剤のほうが凄そうだけど?

海外の育毛剤のほうが凄そうだけど? 「海外で販売されている育毛剤のほうが有効成分の濃度も高いし、効果があるのでは?」


というのは育毛剤をいろいろとチェックしていると、自然に抱いてしまう疑問だと思います。


日本では有効成分の濃度が1%のものしかないのに、外国製のものであれば同じ有効成分のもので5%配合のものがあったり、海外では有効性が認められて評判がいい育毛剤が日本では未発売だったりと、もどかしい思いをすることはよくあります。


実際のところ、有効成分の濃度が高い海外の育毛剤のほうがより高い育毛効果が期待できるわけですが、その反面、日本人の頭皮は欧米人よりデリケートで傷つきやすいといわれているので、頭皮の荒れが起こる可能性が高くなります。


日本で販売されている商品は、平均的な日本人を想定して効果と副作用のバランスを考えたちょうどいい濃度で販売されているので、海外の育毛剤にくらべて頭皮が荒れにくいという特徴があります。

こうした海外の育毛剤と国内で販売している育毛剤の違いについてはきちんと頭に入れておく必要があります。


海外の高濃度の育毛剤や日本では未発売の育毛剤も個人輸入など自分で直接取引することができれば、購入自体は可能です。ただし、効果や副作用については自己責任になるので気をつけてください。