トップページ > 毛深い人はハゲやすい? > 毛深い人はハゲやすい?

毛深い人はハゲやすい?

毛深い人はハゲやすい? 薄毛やハゲに男性ホルモンが強く影響していることはよく知られています。


男性ホルモンには体を男らしくする作用があり、発毛については口ヒゲや胸毛、手足の毛、へそ下から陰部の毛など男性特有の毛の発育を促進しますが、頭髪だけは別で、毛の発育を阻害して脱毛の原因になってしまいます。


この男性ホルモンの作用が「毛深い男=男性ホルモンが多いのでハゲやすい。」という一見、納得してしまいそうな俗説を生む原因になってしまったんですが、これは大きな間違い。


薄毛・ハゲと男性ホルモンの関係は、単にホルモンの量の多少ではなく、頭髪の細胞レベルでの感受性の問題であることがわかっています。つまり、ホルモンの量ではなく、毛をつくりだす毛包が男性ホルモンに対してもっている感受性の違いがハゲになるかどうかを決めるわけです。


そのため、ただ単純に「毛深い=ハゲやすい」といったことが成り立つわけではないということです。