トップページ >  > 毛母細胞の働きを高める2つのポイント

毛母細胞の働きを高める2つのポイント

加齢であったり、男性ホルモンの影響、食生活の乱れ、内臓疾患など原因はさまざまですが抜け毛の直接的な原因というのは頭皮の毛母細胞の働きが悪くなることです。


そのため抜け毛や薄毛を予防し、解消するには毛母細胞の働きを高めて活性化させないといけません。それには「栄養補給」「血行促進」の2つがポイントになってきます。1つずつ説明していきましょう。


髪に必要な栄養素はそれこそたくさんあります。タンパク質、ミネラル、ビタミンなど。ただ、これらの成分は髪だけでなく体の活動にとっても不可欠なものですから、まず内臓や各器官など重要な部位に優先的に提供されてから、最後の最後で髪の毛まで運ばれます。


そのためたくさん食べないと髪まで栄養がいかないということで普段の食事に加えてサプリメントでさらに補給しているという人もいるんですが、それはやりすぎです。摂りすぎた分はそのまま排出されたり、肝臓に負担をかけたりで弊害も多くなります。


あくまで大切なのは『不足しないこと』と『バランス』です。良質なタンパク質を含む卵や大豆、亜鉛などのミネラルやビタミンが豊富な海藻や緑黄色野菜、小魚などは不足することがないよう心がけて摂取することを意識していれば充分です。


それからもうひとつの毛母細胞の働きを高める「頭皮の血行を促進する」ということですが、ここで役立つのが育毛剤になります。市販でも通販でもおよそ購入できる育毛剤の多くは頭皮の血行を促進してくれるものですから積極的に使いましょう。


ポイントは使用感のいいものを半年以上使うということ。


あまりあれこれと浮気はしないほうがいいと思います。ほかに頭皮への血行をよくする方法としては肩や首のコリをほぐすこと、睡眠が足りないということがないように生活リズムを整えるということも効果的です。


睡眠不足やストレスは自律神経のバランスを崩して毛細血管を収縮させて血行を悪くしますから特に抜け毛や薄毛に悩む人にとっては避けたいことです。リラックスし、緊張がない状態が血行もスムーズな状態だといえます。


抜け毛や育毛に重要な働きをする毛母細胞の働きを高めるために大事なことをまとめますと、


要チェック 栄養バランスのいい食事を心がけること

  1. 髪の材料となるタンパク質の摂取
  2. 亜鉛や銅などのミネラル類
  3. 血行促進作用があるビタミン類


要チェック 頭皮の血行を促進すること

  1. 髪の材料となるタンパク質の摂取
  2. 亜鉛や銅などのミネラル類
  3. 血行促進作用があるビタミン類


薄毛は遺伝の影響も強いですが、生活習慣でかなり抑制できるものでもあります。若い頃からハゲ家系だと自覚してきっちりケアしている人はそれなりに髪をキープできてますからね。