トップページ >  > 育毛サプリは飲むな!髪の毛への栄養は普段の食事から

育毛サプリは飲むな!髪の毛への栄養は普段の食事から

食生活はすべての基本、育毛も例外ではありません。「髪の毛は健康のバロメーター」といわれますが、その理由は髪に栄養が回ってくるのが身体の中で一番最後の最後だからです。


これはどういうことかというと髪(他には皮膚・爪)など最後に栄養が回ってくる部位が元気であれば、身体が健康であるといえるからです。髪にコシがあり、元気な人は全身に栄養が行き届いているということがいえるわけですね。


いわゆる髪にいいといわれる栄養素は確かにありますが、髪のために摂取した栄養も体のどこかが不健康で栄養が不足している状態であれば、そちらに優先して使われます。なので、結論を言ってしまうと「髪」にこだわることなく、規則正しく、バランスのとれた食事を摂ればそれでいいということなんです。


育毛サプリなんてものがあるようですが、髪の毛に必要な栄養素というのは普段の食事から十分摂取できるものです。サプリメントに頼ってしまう時点ですでに食事のバランスが崩れているのを認めてしまっているということですからまずはそのあたりの意識改革を先にしたほうがいいかもしれませんね。


ということで髪の毛に必要な栄養素で代表的なものを3つ紹介しておきます。


◎ アミノ酸


髪の毛はケラチンというタンパク質でできてますから、髪の毛の原料となるアミノ酸が不可欠です。タンパク質になるアミノ酸は、肉・乳製品・卵・納豆・穀物など、多くの食材に含まれています。朝、昼、晩の3食しっかり食べていれば不足することはまずありえません。


◎ ビタミンB群


髪の毛の健康にかんしていえばビタミンB群の特に重要だといわれますが、ビタミンは本来、偏らずバランスよく摂ることが最も重要な栄養素です。好き嫌いが多い、偏食やファーストフード、インスタント、外食が多い人は、特定の栄養に偏って摂取している傾向があるので注意してください。が必要です。野菜・緑黄色野菜・肉・魚・果物などとにかくバランス良く食べる事が重要です。


◎ 亜鉛


亜鉛はミネラルの一種で、タンパク質を髪の毛に変えてくれる重要な栄養素です。この亜鉛が足りないと、頑張って摂取した栄養が髪の毛の生長に生かされないわけですから最重要の栄養素といえるかもしれません。亜鉛は、牡蠣やレバー、牛肉、小麦、チーズなどに含まれています。過剰摂取は鉄分の吸収を阻害するため1日30mgが摂取限度になります。


亜鉛についてもう少し補足をすると育毛にとっては特に必要な栄養素でありながらで欠乏しやすい栄養素だということ。亜鉛がなぜ欠乏してしまうかというと、


1. 生命の維持
2. 男性ホルモンを作り、精子を作る
3. 髪の組織を作る


という優先順位にそって亜鉛が消費されていくので、最後の「髪の組織を作る」前に亜鉛がなくなってしまうということ、それから食品そのものに含まれる亜鉛自体も、土壌汚染などにより減少してしまっていることがあります。


最近では、亜鉛には活性型男性ホルモン(DHT)を作り出す物質を阻害する働きがあるとも言われています。活性型男性ホルモン(DHT)は、AGA(男性型脱毛症)を進行させるものですから、その働きを抑制する亜鉛は育毛に欠かせない栄養素といえますよね。