トップページ >  > タバコ(喫煙)が育毛剤の効果を台無しにする!?

タバコ(喫煙)が育毛剤の効果を台無しにする!?

タバコ(喫煙習慣)が育毛に悪いのかといえば「YES!」です。


まだ、科学的にははっきりと証明されたわけではないらしいですが、そんな科学的な証明を待つまでもなく、タバコを吸っている人のあの顔色の悪さ、紫色のない唇をみればあんな毒性の強いものを身体に吸い込んで髪だけ悪影響がないと考えるほうが無理があります。


リラックス&リフレッシュのためにタバコを吸うという人もいるみたいですが、気分的にはリラックス&リフレッシュできているように思えても、タバコそのものの毒性が体へストレスを与えてしまうため、いい影響などひとつもないんです。


タバコを吸うことの育毛への悪影響としては、ニコチンが毛細血管の血流を悪くするため、髪の発育に必要なだけの栄養が行き渡らなくなる、ということがよく言われます。


順番としては以下の通り。


◎ ニコチンが血管を収縮させるため血流が悪くなる。

◎ 毛細血管が収縮すると、皮膚の温度を低下させる。

◎ 体内のビタミンCが破壊されることで、頭皮が硬くなり血行が悪くなる。

◎ 頭皮への結構が悪くなると毛根に髪の発育に必要な栄養が行きわたらない。

◎ 毛母細胞が慢性的な酸素不足&栄養不足⇒抜け毛・薄毛を促進。

◎ 育毛剤や育毛サプリを飲んだところで効果が感じられない。


もともと髪が細くハリやコシがない人や抜け毛に細く短い毛が増えてきてやばいという人、ハゲやすいであろう体質の人は、タバコを吸うことで間違いなく抜け毛・薄毛の進行を進めてしまうと思ったほうがいいと思います。


ニコチン自体は3日程度で身体から排出されるようですが、タバコの毒でやられてしまった細胞が再生修復されるのには、2ヶ月~2年とかかるようです。毛母細胞に与えたダメージも2~3ヶ月後には再生修復されると思いますが、これは完全に禁煙できての話です。


途中で我慢できずに吸ってしまったとか、1日に吸う本数を極端に減らしたとかそういうことではないですから育毛するならタバコは完全にやめるという覚悟がないとダメです。