トップページ > 生え際(M字はげ)の後退を防ぐ > 生え際(M字はげ)の後退を防ぐ育毛剤の選び方

生え際(M字はげ)の後退を防ぐ育毛剤の選び方

M字はげの育毛のキーワード"毛母細胞を活性化させることが効果的"


男性ホルモンと5αリダクターゼが結合してできた発毛阻害因子の影響で毛根が萎縮していくことで、毛髪サイクルの中の成長期が短くなり、細く短い毛髪が増えます。その範囲が広がってくると全体的に薄毛が目立ってきてしまうのです。


そのため、生え際(M字はげ)の後退を防ぐには「毛根に直接栄養を与えるタイプ」の育毛剤がおすすめです。ミノキシジル配合などの「血管拡張作用タイプ」の育毛剤は、毛根が沈静化した状態では育毛の効果はあまり期待できないんですね。


だからこそ、生え際(M字はげ)の後退を防ぐ育毛剤には、髪をつくる細胞である毛乳頭(毛母細胞)に直接栄養を与えるタイプが有効。外部から毛乳頭(毛母細胞)に刺激と栄養を注入することで髪の毛を生産するスピードを上げ、同時に発毛阻害因子に負けない強く、太い毛根をつくることでM字はげの育毛を促進します。

生え際(M字はげ)は"毛母細胞の活性化"で死守!!

髪をつくる細胞である毛母細胞(毛乳頭)をどれだけ活性化させることができるかがポイント。プロペシアの効果がいまいちなだけに塗布する育毛剤が頼りです。