トップページ >  おすすめ育毛剤はコレ! >  生え際(M字はげ)の後退を防ぐ

生え際(M字はげ)の後退を防ぐには?

生え際(M字はげ)の後退を防ぐには?「生え際がどんどん後退していく」「そりこみ部分が薄くなってきた」こういうケースの薄毛・抜け毛は男性ホルモンが原因の男性型脱毛症(AGA)です。


日本人男性の多くが悩まされている生え際(M字はげ)の後退は、男性ホルモンと5αリダクターゼが結合してできたDHT(ジヒドロテストロステロン)という発毛阻害因子の影響で毛根が萎縮し、髪の毛の成長がうまくいかなくなっていることが原因です。


前頭部の生え際は、脱毛の原因となるDHT(ジヒドロテストロステロン)の影響が強く現れる箇所のひとつということもあり、おでこが広がるように生え際が後退したり、M字にハゲる人が多くなります。

生え際(M字はげ)の後退を防ぐ育毛剤の選び方

M字はげの育毛のキーワード"毛母細胞を活性化させることが効果的"


男性ホルモンと5αリダクターゼが結合してできた発毛阻害因子の影響で毛根が萎縮していくことで、毛髪サイクルの中の成長期が短くなり、細く短い毛髪が増えます。その範囲が広がってくると全体的に薄毛が目立ってきてしまうのです。


そのため、生え際(M字はげ)の後退を防ぐには「毛根に直接栄養を与えるタイプ」の育毛剤がおすすめです。ミノキシジル配合などの「血管拡張作用タイプ」の育毛剤は、毛根が沈静化した状態では育毛の効果はあまり期待できないんですね。


だからこそ、生え際(M字はげ)の後退を防ぐ育毛剤には、髪をつくる細胞である毛乳頭(毛母細胞)に直接栄養を与えるタイプが有効。外部から毛乳頭(毛母細胞)に刺激と栄養を注入することで髪の毛を生産するスピードを上げ、同時に発毛阻害因子に負けない強く、太い毛根をつくることでM字はげの育毛を促進します。

生え際(M字はげ)は"毛母細胞の活性化"で死守!!

髪をつくる細胞である毛母細胞(毛乳頭)をどれだけ活性化させることができるかがポイント。プロペシアの効果がいまいちなだけに塗布する育毛剤が頼りです。


生え際(M字はげ)の後退を防ぐ育毛剤≪BEST3≫

薬用ポリピュア

特許成分「長鎖分割ポリリン酸」がアプローチが難しい毛乳頭をケアすることで毛根を活性化!発毛・育毛・抜け毛予防を促進してくれます。
価格:7,800円 送料別

リアルラゾンDX

毛母細胞に有効成分をナノ化して届ける技術である「ナノキャリアシステム」を採用!確実に浸透します。

リアルラゾンDX
薬用凌駕

毛母細胞を特許成分「生薬ヨウ化ニンニクエキス」を含む有効成分で限界まで活性化させることで確実な発毛を実現しました。

薬用凌駕

育毛剤は、薄毛のタイプ&進行度で選べば失敗しない!

生え際(M字ハゲ)の後退を防ぐ

生え際が後退しつつあるなと感じたら、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が原因のひとつです。

頭頂部の薄毛を防ぐ

頭頂部の薄毛は治療しやすいので将来は明るいです。早めに対策できればそれだけふさふさに戻れるはずです。


細い髪を太くする

髪が細くてボリュームがない、薄くみえるなんてことはありませんか?頭皮の血流や栄養が不足しているのかも?

抜け毛の状態から育毛剤を選ぶ

抜け毛が弱々しく、細い短い毛が多くあるようなら、それは要注意!薄毛の進行度にあわせた育毛が必要です。