トップページ >  > ミノキシジルとプロペシアを組み合わせた育毛ケア

ミノキシジルとプロペシアを組み合わせた育毛ケア

ミノキシジルには、頭皮に塗布したり内服することで頭皮の血管を拡張し、血行を促進する作用があります。発毛を促す<攻め>の育毛剤になります。


もうひとつのプロペシアは有効成分であるフィナステリドが髪の毛が抜ける原因を元から抑制し、抜け毛をとめ、薄毛の進行を防止する<守り>の育毛剤です。


この<攻めの育毛剤>であるミノキシジルと、薄毛の進行をとめる<守りの育毛剤>であるプロペシア(成分名:フィナステリド)を併用するのがいわゆるAGA治療というもので、頭頂部からの薄毛には特に効果があります。(テレビCMでもやってますよね?)


ミノキシジル配合の発毛剤としては、「ロゲイン(米国産)」「ザンドロックス」「カークランド(ジェネリック医薬品)」が有名です。薬局で買えるのはリアップX5だけですが、より安く、高濃度のものもあるロゲインやザンドロックすなどは個人輸入代行業者などを利用して購入するのが一般的です。


プロペシアも同様で、はじめは皮膚科にいって処方されたものを利用したほうがいいと思いますが、AGA治療は長期にわたるため、保険が効かない万有製薬のプロペシアを使い続けるのは経済的に大きな負担になってきます。


そこで役立つのがやはり個人輸入代行業者で、NZ産、イギリス産と海外のプロペシアであれば、国産の2/3の価格で品質は変らないプロペシアを購入することができます。


育毛・発毛にかかるコストを大幅に節約することができるので、プロペシアの購入の手段として是非、個人輸入代行業者の利用を考えてみてください。

個人輸入代行業者を利用する際の注意点

個人が直接海外のお店などから商品を購入することを個人輸入といいます。 これをかわりにやってくれるのが個人輸入代行業者であり、医薬品、医薬部外品などを個人が自分で使用する目的で、薬事法に定められた制限内の数量であれば、個人輸入が認められており法的にまったく問題ありません。


ただし、日本国内で販売される医薬品は有効性と安全性が日本確認されていますが、個人輸入した海外の医薬品は、日本国内で安全性の保障が確認されていない為、思わぬ副作用がでることがあります。


この点はすべて自己責任になるので気をつけてください。他に注意点はというと


※1.個人使用のみ可能。譲渡・販売は禁止。
※2.個人輸入が認められるのは、1~2ヶ月分。
※3.購入額が約16000円前後を超えると関税・消費税が課税されることがある。
※4.自宅での受け取りが望ましい(法人受け取りは、個人輸入と認められない)。